【アニメ化記念】ひぐらしのなく頃に ~北条沙都子の紹介とお気に入りエピソード~

アニメ化記念ということで今回もまた「ひぐらしのなく頃に」に関するキャラエピソーをピックアップしていきたいと思います。

 

なお内容が前回のアニメに触れるため、今後視聴する方に配慮した簡潔な紹介とさせていただきます。

 

では、続いての第四弾北条沙都子です。 

 

北条沙都子とは

御三家として知られる古手梨花と同級生の少女。

 

トラップマスターの異名を持ち、普段からお嬢様口調を心がけています。

 

料理の方は勉強中で、ブロッコリーとカリフラワーの区別が苦手のようです。

 

一方で運動神経は比較的良く、とりわけ野球の才能にいたっては群を抜いています。

 

現在は同じ境遇である古手梨花とともに家事を分担しながら仲良く生活しています。

 

北条沙都子の過去と兄の北条悟史

ダム建設の推進派であった両親の件があり、北条家は村八分の状態になっています。

 

その影響は両親が亡くなった後も続いており、兄である悟史と妹の沙都子は日々苦しい思いをしながら生活していました。

 

他人に心を開かず、普段から泣きじゃくってばかりいた沙都子ですが、悟史の失踪を機に、自分の中の甘えを捨て心を強く持とうと努力します。

 

そんな彼女がメインとなる最初のエピソードが祟殺し編です。

 

祟殺し編では、彼女の抱える大きな問題が明らかになり、主人公である圭一や部活メンバーたちを大いに苦しめます。

 

北条沙都子のお気に入りエピソード3選

ひぐらしのなく頃に  第9話 祟殺し編 其の壱「兄」

日常回で奮闘する沙都子

沙都子がメインとなる最初のエピソードであり、日常の中で奮闘する彼女が愛おしく思える回となっています。

またこの回では沙都子の置かれた境遇などが明るみになり、ひぐらしにおける重大な課題を突き付けられることにもなります。

 

ひぐらしのなく頃に 解 第4話 厄醒し編 其の参「予定調和」

疑心暗鬼に揺れる沙都子

祟殺し編に続き、彼女を中心として描かれているもうひとつのエピソードがこの厄醒し編です。

この厄醒し編は、アニメにおけるオリジナルエピソードとなっており、これまで謎であった部分を一部補完する内容となっています。

 

ひぐらしのなく頃に 解 第11話 皆殺し編 其の六「強い意志」

運命に抗う沙都子

こちらは沙都子にとって、大きな一歩となる重要エピソードです。

本当の強さを知った彼女の勇気ある行動により、ひぐらしの抱える大きな問題のひとつが無事解決へと導かれます。

 

reiwamohuani.hatenablog.jp

 

reiwamohuani.hatenablog.jp

 

reiwamohuani.hatenablog.jp